研究職の派遣が難しい理由とは

現在は正規雇用よりも非正規雇用で採用される割合が拡大していますが、これは今までのような恒常的な雇用方法では、変化の激しい経済環境への対応ができなくなっているからです。ただし、非正規であってもその職場での適合性や個人の能力が企業側の方針に合致していれば、直接雇用に変更して雇用するケースも少なくないので、後は本人の努力次第だとも言えるでしょう。多くの職種で派遣社員が増加していますが、その理由の一つに正規雇用よりも採用されやすいという点があります。ところが採用条件が難しい職種もあり、研究職はその代表の仕事です。

研究職は特定の分野で新製品を開発したり、不具合が発生した場合に改良を加えることを主な業務にしていて、専門性の高さが要求されます。このような理由から派遣であっても報酬は高く設定されていて条件に合致する人もそこまで多くないのですが、他の業種と比較しても求職数が少ないことで採用率は低くなっているのが一般的です。研究職はすぐに成果が発生することはなく、会社側も長い期間を設定して結果を求めるようにしています。当然に成果が出るまでは会社側の利益は発生しないので先行投資的な仕事になり、派遣の場合は既に実績があって研究に対して多大に貢献してくれるような人物を対象に考えているでしょう。

ここには学歴や専攻科目の種別は当然ですが、前職で関連した業務で一定の結果を出した人を求める傾向が強くなっています。研究職の派遣は求人募集の情報を見つけることも簡単ではなく、その募集人員もそこまで多くありません。このような理由から、派遣であっても研究職については簡単に採用されるような案件ではないと、最初から認知しておいてください。

Filed under: ビジネス/オフィス, 派遣, 研究職Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website